bubka

【一旦保留?】ブブカゼロの効果と口コミ検証から出した答えは!?

育毛剤業界は今、激しいシェア争いのさなかにあります。

続々と新しい育毛剤が登場し、それとともに既存の育毛剤はリニューアルを繰り返して育毛機能の優位性をアピールしています。

そうした中でより効果的な育毛剤が生まれてくるのは、薄毛の我々にとっては嬉しいことです。

ただ、中には間違ったリニューアルの仕方をしてしまうものもあります。

サプリがダメなので乗り換えしません!

私は現在イクオスとイクオスサプリEXを使っています。

ブブカがリニューアルしてブブカゼロになったとき、内容的によければ乗り換えてもいいかなと思って、どんなリニューアルをしたか調べました。

しかし、その結果乗り換えはやめました!

その原因はサプリにあります。

育毛サプリではなくなったブブカサプリ

ブブカサプリは、リニューアル前はイクオスサプリEXや他の育毛サプリと同様、DHT抑制成分として定番のノコギリヤシエキスを中心とした構成でした。

ところが、リニューアルしたブブカサプリ「ブブカサプリ・ザ・エンザイム」は、ノコギリヤシエキスという育毛サプリには必須の成分をなくしてしまったのです。

そのかわり配合されたのは、納豆、酒粕、キウイ、麹などに含まれる酵素、それと乳酸菌です。

ブブカサプリはリニューアルで育毛サプリであることをやめました。

開発者コメントに「健康的なカラダづくりを内側からマネジメントしていく」とあるように、ブブカサプリ・ザ・エンザイムは酵素や乳酸菌により胃腸をととのえ、栄養の吸収効率を上げる健康サプリとなりました。

確かに胃腸の機能をととのえるのは、髪に必要な栄養を吸収できやすくなるという意味では間接的に育毛につながるかもしれません。

でも、私がほしいのは直接的に育毛につながる成分です。

胃腸の調子が悪い人にはいいかもしれないけれど、育毛目的のサプリとしては魅力がなくなってしまったので、この時点で乗り換える気持ちはなくなっていました。

ブブカゼロとサプリのセットは高すぎる

ブブカゼロへの乗り換えをやめた理由はもう一つ。値段の高さにもありました。

ブブカゼロの定期コースは、サプリとのセットのみなので、他の育毛剤もサプリとのセットでの定期購入コースで価格比較してみます。

ブブカゼロ チャップアップ イクオス
11,664円
初回のみ5,980円
9,090円 7,538円

ブブカゼロは、初回分だけはサプリの他にシャンプーもついて5,980円と非常に安いです。

でも、2回目以降は11,664円。イクオス+イクオスサプリEXの定期コース7,538円と比べると4,000円以上高いです。

しかも、ついてくるのは育毛サプリとしての機能がほとんど期待できないブブカサプリ・ザ・エンザイムです。

ノコギリヤシエキスの他、育毛成分が46種類も配合されているイクオスサプリEXには満足しているし、特に胃腸が弱いわけではないから、わざわざ乗り換える必要性は感じませんね。

ブブカゼロの新成分には期待ができそう

サプリの期待はずれ感と値段の高さから乗り換えをやめたとはいえ、ブブカゼロのほうは育毛剤としてなかなか期待値が高そうです。

特に、新配合のマジョラムエキスは、イクオスやチャップアップでは効果がなかったタイプの薄毛に効果を発揮しそうです。

17型コラーゲンに効くマジョラムエキス

マジョラムは古代ローマの時代から欧州で栽培されてきたハーブの一種です。

数年前、加齢による薄毛の原因は、髪を育てている毛包の一部、バルジ領域にある17型コラーゲンが分解され、毛母細胞の元となる毛包幹細胞を支えられなくなることだという発見が日本人研究者によりされました。

そして、日本の製薬会社がマジョラムのエキスに17型コラーゲンの生産を促す効果があるらしいことを発見。

ブブカゼロはいち早くこのマジョラムエキスを取り入れました。

AGAではなく17型コラーゲンが減少するのが原因の加齢による薄毛に対しては、ブブカゼロはかなり期待できそうです。

定番育毛成分のM-034が旧商品の10倍に

M-034はミツイシコンブというコンブの一種から抽出された成分です。

毛包の内側には外毛根鞘という部分があり、これが生えた髪の毛を取り囲んで締め付けることで髪の毛は毛包の中で保持され、育っていきます。

M-034は、この外毛根鞘の細胞が増えるのを促進すると考えられています。

外毛根鞘の細胞が増えれば、髪の毛ががっちりホールドされて、抜けにくくなります。

また、外毛根鞘にはバルジ領域があるため、毛包幹細胞への働きかけも望まれます。

ブブカゼロは、リニューアルによってこのM-034が従来品の10倍に!

マジョラムエキスが17型コラーゲンを、M-034が毛包幹細胞をしっかりサポートできていれば、加齢による薄毛はかなり防げるのではないかと考えられます。

シグナルブロッカーでAGAの発症を予防

ブブカゼロは、加齢による薄毛だけではなく、AGA=男性型脱毛症にもしっかり対応しています。

その鍵となるのが「シグナルブロッカー」です。

AGAは、5αリダクターゼという酵素が、抜け毛を促進するDHTというホルモンを作り出すことが原因です。

ブブカゼロになって新配合された3つの成分。

  • ビワ葉エキス
  • ホウセンカエキス
  • オウゴンエキス

それに、リニューアル前から配合されていた2つの成分。

  • ジオウエキス
  • チョウジエキス

この5つの成分は、AGA発症のシグナルとなる5αリダクターゼをブロックする役割を持ちます。

これによって、AGAの予防が期待されます。

頭皮をととのえ髪の栄養になるアミノ酸

ブブカゼロには、M-034以外にもスサビノリ、ひじき、ワカメなどの海藻エキスが配合されています。

また、ヒアルロン酸、コラーゲンも入っています。

これらの成分は主に保湿成分として頭皮の乾燥を防ぎます。

それとともに、アミノ酸が11種類含まれています。アミノ酸は髪の毛を構成するタンパク質「ケラチン」をつくるために必要です。

ブブカゼロは9つの刺激物無添加で安全

ブブカゼロは頭皮に直接つける育毛剤です。直接つけるだけに、刺激性の物質が入っていると育毛どころか頭皮をいためて逆に抜け毛を助長してしまいます。

頭皮にダメージを与える可能性が強い刺激性物質は以下の9つです。

  • アルコール
  • パラベン(防腐剤)
  • 石油系合成界面活性剤
  • シリコーン
  • 鉱物油
  • 法定色素(石油系合成着色料)
  • マイクロビーズ(プラスチック粒子)
  • 紫外線吸着剤
  • 合成香料

この9つは、使っていたほうが品質の劣化を抑えるなどの利便性が高まります。しかし、同時に頭皮にはよくないのです。

ブブカゼロは、利便性より安全性を選んでここに挙げた9つの刺激性物質不使用のゼロフリーとなっています。

ブブカゼロは溶剤のアルコールが不添加

アルコールは商品を殺菌するとともに、配合した成分を混ざりやすくする溶剤としての役割もあります。そのため、多くの育毛剤に少量ながらもアルコールが使われています。

しかし、アルコールは刺激性が強いため頭皮にダメージを与えやすい、揮発性が高いので頭皮を乾燥させやすい等のマイナスポイントもあります。

そして、アルコールによって接触皮膚炎などが発生する可能性もあります。

そのためブブカゼロはリニューアル前には使っていたアルコールを排除しました。

ブブカゼロには防腐剤のパラベンは不要

パラベンは、商品を安定化し、品質変化を防ぐ防腐剤です。現在のパラベンは非常に安全性が高くなっています。

しかし、それでも皮膚につくとアレルギーや皮膚炎の原因になる可能性があります。

ブブカゼロはパラベンを使わないことを選びました。

ただ、ブブカゼロは大量生産をしておらず、長期保存を経た在庫が回ってくることはありません。

ユーザーもブブカゼロ1本を1ヶ月で使うという前提ですから、あえて防腐剤をつかわなくても品質変化の心配はないでしょう。

ブブカゼロは頭皮を乱す界面活性剤なし

界面活性剤の主な働きは油分を分解すること。その働きによって、水溶性と油溶性の成分が混ざりやすくなります。

合成界面活性剤は洗剤などにも使われているように、油分を分解する力が強いです。

それが皮膚に直接つくと、皮膚のバリアー機能を担っている皮脂が分解され、無防備になります。

無防備になった頭皮には雑菌が感染しやすくなって、頭皮環境を乱します。

また、合成界面活性剤自体が頭皮に対して刺激を与えることもあります。

ブブカゼロには、その他の石油原料添加物が一切入っておらず、肌に対して非常に安全であると言えます。

ブブカゼロに副作用の可能性はあるか?

ブブカゼロは医薬部外品に分類されており、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールが配合されています。

この3つは厚生労働省が医薬部外品の有効成分として使用することを認めている成分です。

医薬部外品は医薬品ほど明確ではないものの、体への一定の効果があるものが指定されます。

そのため、副作用が心配になる人もいるかもしれません。

ブブカゼロは安全性が高い天然成分配合

ブブカゼロの有効成分のうち、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムは、それぞれセンブリ、カンゾウという植物から抽出されたものです。

そして、酢酸DL-α-トコフェロールというのはビタミンEのこと。

100%とまでは言えないまでも、副作用が起こる可能性は低いです。

新配合されたマジョラムは、抽出エキスの17型コラーゲンに働きかける効果こそ最近発見されたものではあっても、古来より食用にされ、あるいは美容オイルにも利用されてきたので、副作用のようなものがないのはわかっています。

アレルギーを起こす人はいるかもしれない

ブブカゼロは事前にアレルギーテストが行われており、アレルギー反応が起こる成分が入っていないことが確認されています。

ほとんどの人にアレルギー反応は起こらないであろうと考えられるとはいえ、もしかしたら配合されている何かの成分に反応してしまうというレアケースがないとも言い切れません。

特にアレルギー体質だという人は、ティッシュなどにブブカゼロを染み込ませ、腕の内側に絆創膏などで貼り付けるパッチテストをして、確認したほうがいいですね。

パッチテストの結果、赤くなったりかゆみが出たりしたら使わずに返品して、返金してもらうのがいいと思います。

育毛効果による初期脱毛が出ても心配ない

医薬品のプロペシアやミノキシジルを使うと、一時的に抜け毛が増えることがあります。

これは副作用ではなく、薬の効果が出てきたために、新しい髪の毛が生えてきて、それが残っていた古い髪を押し出すことで起こる現象「初期脱毛」です。

ブブカゼロは副作用がほぼない穏やかな成分を使っていますから、初期脱毛が発生する可能性は低いです。

とはいっても、ブブカゼロを使い始めた2ヶ月後、3ヶ月後ぐらいに、初期脱毛の反応が起こる可能性もないことはないです。

初期脱毛はブブカゼロの育毛効果が表れてきた結果であり、副作用ではないので、あわてずにそれまでと同じように使い続けましょう。

2ch(新5ch)でのブブカゼロの口コミは?

ネットには育毛剤についてのステマとネガキャンが溢れています。そんな中でも、比較的ベクトルがかかっていない生の声が分かるのが2ch(新5ch)です。

ところが!

ブブカゼロにリニューアルしてからまだ1年もたっていないせいか、話題がまったくありませんでした。

その他のところだと、使ってから2ヶ月、3ヶ月ほどで効果を実感できたというような感想を書いているブログなどがみつかりました。

また、17型コラーゲンと薄毛の関連性が話題になっただけに、17型コラーゲンを増やすとのうわさについては関心が高いようですね。

口コミについては、長期使用した人が出てくるのを待つしかないようです。

ブブカゼロの値段に不満の口コミは多い

ブブカゼロの育毛効果についての体験談はまだ少ないですが、値段について話題にしている口コミなどはありました。

100種類を超える成分が配合されているブブカゼロが高めなのはしかたないですよね。オーガニックの商品が高いのと同じように、添加物無添加だとお値段が上がってしまうのもわかります。

育毛剤最多クラスの成分と、9つのゼロフリー。この品質なら値段が高くてもしかたがないと理解を示す意見もありました。ただ、これは少数派です。

ブブカゼロはなんでサプリとセットの定期コースしかないんだろう?育毛ローションだけで定期コースがやすければ使いたいのに。

ブブカゼロの定期便は、もちろん単品で買うよりは安くなっています。ただ、それでも1月分が11,664円というのはきついですね。だったら他の育毛剤を選びます。

定期コースが11,664円…やっぱり毎月1万円超えというのはかなりの負担だから、選択肢からは外れますよね。

ブブカのサプリいらんわー、サプリいらんから安くして。

毎月12,000円近くかかること、そして不評のサプリとのセットでしか定期コースが用意されていないことで、ネガティブな口コミのほうが多くなっているようですね。

ブブカゼロは楽天やAmazonで買えるの?

基本公式サイトからの購入しかできない育毛剤が多い中、最近では楽天市場やAmazonにも公式のショプを置いている育毛剤もいくつか出てきました。

もしブブカゼロが楽天市場やAmazonで買えるなら、そっちのほうがポイントがつくからいいという人もいるかもしれません。

楽天市場で買えるのは高い単品商品だけ

楽天市場でブブカゼロを検索するとこんな感じです。

BUBKAオンラインショップとなっているのは、ブブカゼロの販売元である株式会社T.Sコーポレーションが出店している公式ショップです。

ただし、楽天市場の公式ショップで販売されているブブカゼロは単品のみのようです。

東急ハンズが転売品を扱うとは思えないので、東急ハンズのものは正規品だと見ていいでしょう。

その横の最安値10,450円というのはちょっと怪しい。断言できませんが転売品の可能性もあります。

東急ハンズでは単品価格が正規価格より3,000円以上安くなっているとはいえ、定期コースの価格よりはちょっと高め。

試しで買ってみるにしても、公式サイトから定期コースを申し込んだほうがいいのではないかと思います。

Amazonでは公式が旧商品を販売している

Amazonでブブカゼロを検索するとこうなります。

「スポンサープロダクト」がついているブブカは、株式会社T.SコーポレーションのBUBKA公式SHOPが出品しています。

ただしこれはリニューアル前の旧商品ですね。これは公式サイトでは販売されていません。

在庫整理なのかまだ旧商品も作っているのかは不明。リニューアル後に新たに旧商品を製造する意味があるとは思えなので、Amazonを利用して在庫整理をしているのかもしれません。

9,800円と楽天市場よりも安値がついているブブカゼロは転売品だと思われます。BUBKA公式SHOPでは正規価格の16,200円がついています。

Amazonでも定期コースは購入できなくなっています。

定期コースに誘導しようとする価格設定

ここで、ブブカゼロの価格を比較してみます。

価格 1本あたりの値段
単品1本 16,200円 16,200円
単品2本セット 24,624円 12,312円
単品3本セット 34,992円 11,664円
単品6本セット 66,096円 11,016円
定期コース初回 5,980円 5,980円
定期コース2回目以降 11,664円 11,664円

単品は複数セットでもブブカゼロのみ。定期コースはブブカゼロ+通常価格6,480円のサプリがセットになります。

育毛サプリとしてはダメサプリでも、胃腸をととのえる健康サプリとしてはそれなりの内容になっているブブカサプリ・ザ・エンザイムがつくなら、定期コースのほうが得ではありますね。

つまりこの価格設定は意図的に定期コースを選ばせるためのものです。

ブブカゼロは現状では選ぶ可能性はない

ブブカゼロは、AGAとは違う加齢による薄毛の原因となる17型コラーゲンに着目した点は注目されます。

チャップアップやイクオスにも使われているM-034の配合量が10倍になったというのも評価されるものでしょう。

でも、Amazonではリニューアル前の旧商品を売っていたり、公式サイトではサプリと抱き合わせの定期コースを選ばせる意図を感じる価格設定にしていたりと、販売元のT.Sコーポレーションには誠意が欠けているように感じてしまいます。

どうしてそんなにサプリを買わせたいのかちょっと疑問です。

確かに私はイクオスとイクオスサプリEXのセットの定期コースを使っています。

でもそれは、イクオスサプリEXの内容が非常にいいから自分で選んだだけ。

イクオスはサプリなしのコースも選べるし、サプリだけのコースも選べます。

イクオスサプリEXと比較すると、ブブカサプリはあまりに見劣りするんですよね。

いくらブブカゼロ自体がいい育毛剤でも、価格問題とサプリ問題があるうちは、現状のイクオスとイクオスサプリEXを継続していくつもりです。