column

頭皮が見える!スカスカの原因&対策は3つ@高校生からの悩みを解決!

「なんだか頭皮が見える割合が増えたかも・・・」「髪がスカってきた気がする」、という悩みを抱えている方はいませんか?

私も、高校生の頃から日に日に“スカスカ”になっていく自分の頭皮を眺めながら、焦っていたうちの一人です。

「ハゲるのだけはイヤだー」(´;ω;`)、と。

でも、そんなスカスカな頭皮にも出来ることがあります。ケアすれば、ちゃんと改善されてきますよ^^

ここでは、頭皮が見えるようになってしまう原因や、その改善方法などを詳しくご紹介していきたいと思います。

原因が分かれば、解決策も見えてくる!

髪のすき間からチラホラ頭皮が見えるようになった方は、ぜひ最後までご覧下さい^^

【スカスカの浸食】髪のすき間から頭皮が見える5つの原因

改善策の前に、まずは「頭皮が見える原因」を5つピックアップしてご紹介していきます。

《原因その①》DHT脱毛ホルモンの影響

頭皮が見える原因の一つに、「髪が細くなってくる」というものがあります。

髪が細くなってくると、髪の密集具合がバラけるので、白い頭皮が見える割合のほうが多くなってしまうんですね。

そして髪が細くなるのは、「DHT脱毛ホルモン」の影響が大いに関係しています。

DHT脱毛ホルモンは、髪が正常な寿命をまっとうするのを邪魔します。コンニャロメ

具体的には、「男性ホルモン」と「5αリダクターゼ」が結合して、DHT脱毛ホルモンになり、そのDHT脱毛ホルモンが“髪のヘアサイクル”を短くします。
参照元:大正製薬リアップ商品情報サイト

順当にいけば、髪が太く丈夫に成長するところが、結果的に髪が細く軟弱なままで成長が終わってしまうということ。

そして、細い髪は地肌に強くくっついていることが出来ないので、そのまま抜け毛に発展してしまうという構図です(;´Д`)アレヨ~

DHT脱毛ホルモンは、髪の成長サイクルを身勝手に崩してしまう、嫌なホルモンなんですね。

《原因その②》血行不良による栄養不足

頭皮がスカッて見える原因には、血行不良による部分も大きいです。

血行不良を引き起こす引き金となるのは、

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 加齢
  • 頭皮の乾燥

などがあります。

加齢によって代謝が悪くなると、血液の循環も悪くなります。

すると、頭皮の血行不良を招きやすくなるりますし、皮膚の乾燥も進むわけですね୧(๑ ⁼̴̀ᐜ⁼̴́๑)૭ムーン

髪が育つ栄養分を運搬する役目があるのが、それこそ体中に張り巡らされた毛細血管です。

血行不良になると、頭皮の毛細血管までしっかりと栄養補給が出来ません。

なので、次第に髪が細くなり、その先に白い地肌地帯が見えるという“破滅の道”が見えてくることに。ガーン

《原因その③》偏食による栄養供給不足

髪が細くなって頭皮が見える原因には、食べ物の影響もあります。

髪だって、人間の細胞の一つです。

人間の細胞は全て、口から入ってくる食べ物の栄養素で構成されています。

髪の大部分は「タンパク質」のケラチンです。

この髪のタンパク質を生成するためには、豊富なアミノ酸や亜鉛、ビタミン、ミネラルなど幾多の栄養素を口から入れておく必要性があります。

今日一日、何を食べましたか?

ラーメン、丼もの、冷凍食品、揚げ物やジャンクフードのオンパレードではありませんでしたか?

(ギクッ笑)

野菜なんてここんとこ滅多に見ていない、なんてそんな食生活を送っている方は、細い髪の毛しか作られなくなること請け合い。

だって、髪が太く立派に成長する栄養素が口から運ばれてこないんですもの(๑•́ ₃ •̀๑)エー

《原因その④》ストレスを受けて血管が縮む

大きなストレスや慢性的なストレスを抱えている方も、頭皮がスカスカになってしまう原因を作ってしまいがちです。

ストレスは、身体全体のバランスを崩し、自律神経を乱します。

自律神経は、自分ではコントロール出来ませんからね。一度バランスを崩すと、厄介なんです(;´Д`)

そして自律神経の乱れは、血管の縮みを招き、結果的に血行不良を引き起こすようになります。

先程ご説明した通り、頭皮の血行不良は髪の栄養素の運搬に大きな障害をなりますので、要注意です。

《原因その⑤》過度なアルコール摂取とタバコ

アルコールを大量に飲む方も、頭皮が見える原因になりやすくなります。

アルコールは肝臓で代謝分解される際、有害物質「アセトアルデヒド」と、ストレスホルモンの「コルチゾール」という物質を作り出します。

アセトアルデヒドは、血中の栄養素や酸素運搬に悪い影響を与え、栄養素が末端の血管まで運ばれるのを阻害します。

コルチゾールは、血のめぐりを悪化させますので、血行不良に陥りやすくなります。

タバコは言わずもがなで、喫煙すると毛細血管がどんどん縮んで、血管が消えてしまうので血行不良を引き起こすことは間違いないでしょう(´・ω・`)ウ~ン

「頭皮が見える」から「見えない」状態へ!3つの改善策!

実は、頭皮がスカスカになってきて地肌が見えるということは、もうすでに薄毛の地に足を一歩踏み出しているようなもの。アブナイアブナイ

でも、キチンとケアをすれば大丈夫!

ここからは、頭皮が見えない状態を目指すための改善策をお届け!

どれも、自分の心がけ次第で実践できる簡単なものばかりです。

スカッている頭皮に愛を注入して、“ぶっとい髪”を目指しましょう(*^∀゚)ъ

【改善法①】規則正しい生活と湯舟の活用

頭皮が見えるスカスカ頭を改善するために、まずは“規則正しい生活を送るようにする”と効果的です。

「そんなのカンタンに出来るかよ!?」

と、嘆く方もいるかもしれません。

でも、全部出来なくてもいいんです。

  • なるべく睡眠時間を多く確保する
  • 軽い運動を取り入れる
  • よく歩く
  • 自分なりのストレス発散法を見つける
  • 湯舟につかる

など、1つでもいいから実践してみて下さい。

例えば「仕事が忙しくて残業続きで、睡眠時間がまともに取れない方」は、ウォーキングを兼ねて歩くように心がけてみて下さい。

歩くことで筋肉が動いて全身の血流もアップしますし、心のリフレッシュにもなります(*^^)v

そして、夜はお風呂で湯舟につかるようにするとなお効果的。

シャワー浴だと疲れが取れずに、血行不良にもなりやすいです。

オススメは「39~41度のお湯に、15分入浴すること」ですが、時間が無い方は湯船に軽く浸かるだけでもOK!^^

副交感神経が刺激されて、末梢血管の血管が太くなる効果が期待できます。

末梢血管は、副交感神経が優位になると、末梢血管の周りの筋肉がゆるみ血管が柔らかく太くなり、血圧の低下をもたらします。

参照元:ストレスと自律神経の化学

副交感神経が優位になると、睡眠の質も向上しますからね。

睡眠中は「成長ホルモン」の分泌を受けて、髪の成長にも効果的!

成長ホルモンの分泌が最も盛んになる22~2時くらいには、しっかりと睡眠をとることが大切なんですね。

だから、 “湯舟につかる”ということは、血行にも睡眠にも良いということで、一石二鳥!

「食事もできない」「運動もできない」という方の救世主となるのが、お風呂での入浴作業なんですよ(๑¯ω¯๑)ニョホン

【改善法②】食事の見直しとサプリの併用

頭皮いが見える原因を改善する策は、食事内容を良くすることでも行えます。

カップ麺やコンビニ弁当、外食三昧ではなく、サラダや海藻類の1品を毎日の食事にプラスしましょう。

また、忙しくて「食事に気を使ってられないよ~」という方は、育毛サプリを購入して摂取するのがオススメ!(๑◉∀◉๑)

育毛サプリの中には、“髪に必要な栄養素を網羅している”優秀育毛サプリもあります。

そんな育毛サプリを毎日摂取すると、細い髪を太く丈夫に更生させることに期待が持てるようになりますよ。

【改善法③】育毛剤の使用で太い髪を目指す

育毛サプリと一緒に育毛剤も使うと、もっと、頭皮が見える状態を改善していくことが可能でしょう。

育毛剤の中には、DHT脱毛ホルモンを抑制する作用を持った成分を多く取り入れている育毛剤もあります。

DHT脱毛ホルモンは、髪のヘアサイクルを短くし、細くてひ弱な髪の毛を作ってしまう張本人でしたね(*^∀゚)ъ

育毛剤は、そのDHT脱毛ホルモンに対抗してくれる存在なので、頭皮が見える原因となる細い毛を改善してくれる期待が持てるんですよ。ヘイヘーイ!

まとめ

頭皮が見える状態を自分の眼で見るのは、とてもツライもの(;´Д`)アヘエ~

髪がスカる原因は食べ物やストレス、生活習慣など多岐に渡ります。

頭皮が見える地肌から、“黒々とした密林のような頭皮”を目指すために必要なこと。

それは生活習慣の改善と、「育毛剤+育毛サプリ」の使用です!

特に「育毛剤と育毛サプリ」の組み合わせは、コスパもよくお手軽に頭皮ケアができますから、とってもオススメですよ。

私はいろいろ調べて成分が納得のいった「イクオスとイクオスサプリEX」を愛用中です(^^)