plantel

【一旦保留?】プランテルEXの効果と口コミ検証から出した答えは!?

数ある育毛剤の中で、ちょっと影が薄い存在だったプランテルがリニューアル。

新成分を配合したプランテルEXになったということで、いろいろ調べてみました。

プランテルEXの販売元は、人気育毛剤フィンジアと同じユーピーエスです。

フィンジアのイメージキャラクターが元K1ファイターの魔娑斗さんであるのに対し、プランテルEXのイメージキャラクターは元総合格闘家の須藤元気さん。

社長さん格闘技が好きなんでしょうか?

ただ、調べた結果、私が求めているものとはちょっと違うと思って購入には至りませんでした。

リニューアルでパワーアップしたプランテルEX

リニューアル前のプランテルは「M字と闘う!」というキャッチコピーで、M字ハゲにターゲットを絞った珍しい育毛剤でした。

あまり話題にならず、どちらかというとマイナーな育毛剤という感じ。

一方、リニューアルで誕生したプランテルEXは、M字ハゲをターゲットに絞るのはやめたようです。

リニューアル前18種類だった成分が、63種類と3.5倍に。

特に注目されるのが、まだ配合している育毛剤が少ないリデンシルと、独自成分のペブプロミンαです。

最新成分リデンシルの働きとは

リデンシルは、スイスのジボダン社が開発した育毛成分です。

リデンシルには、DHQGとEGCG2という2つの成分が組み合わされています。

まず、EGCG2は、簡単に言えば緑茶に含まれるカテキンの一種です。実はEGCGはエイズやガン治療の研究にも使われている注目成分。

ジボダン社によると、EGCG2は頭皮に働きかけ、炎症を引き起こす情報伝達物質であるインターロイキン-8を抑制するようです。つまり炎症予防成分ですね。

そして、DHQGはセイヨウアカマツから抽出された成分です。

これもジボダン社によると、DHQGは毛母細胞と毛包幹細胞を活性化する作用があるといいます。

毛母細胞は髪の毛を作っているおおもとの細胞、そして毛包幹細胞は、毛母細胞を作り出すための種のような細胞です。

このどちらも活性化するということは、弱った育毛力を活性化するのが主要な目的の成分だと考えられます。


出典元:http://www.nardev.com/

ミノキシジルとの比較試験では、使用から10日後の時点での育毛活性化率が、ミノキシジルが118%アップだったのに対し、リデンシルは214%アップ。

およそ2倍のスコアをつけています。

ペブプロミンαがAGAをブロック

もう一つの新成分、ペブプロミンαは、ヒオウギ、ボタン、ビワ葉のエキスを独自の比率で配合したものだそうです。

ヒオウギ、ボタン、ビワ葉は、それぞれAGA(男性型脱毛症)の原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す、5αリダクターゼをブロックする働きがあると考えられているものです。

ヒオウギエキス、ボタンエキス、ビワ葉エキスはどれもリニューアル前のプランテルにも配合されていました。

それがまとめて新配合のペブプロミンαとして加えられているというのは、独自の配合比率でさらに5αリダクターゼのブロック効果が高まったためであるようです。

プランテルEXに副作用やアレルギーの心配は?

プランテルEXに配合されている成分は、ほとんどが植物由来のもので、医薬品のような副作用の心配はほぼないと見ていいでしょう。

新配合のリデンシルにしても、原料は茶葉とセイヨウアカマツです。

ペブプロミンαに使われているヒオウギ、ボタン、ビワは、民間療法で長く使われてきた実績があり、歴史的に見ても副作用はありません。

ただし、プランテルEXには全部で23種類の植物エキスが使われていますから、その中にアレルギー反応を起こす人がいないとは言い切れません。

プランテルEXは全額返金保証付

万が一副作用やアレルギー反応が起きてしまったら、返品のうえ全額返金保証を受けることができます。

プランテルEX全額返金保証の条件
  • 定期コースの初回分のみ
  • 商品受け取りから30日以内
  • 事前に電話連絡
  • 商品の容器と返金を受ける口座を記入したメモを送付
  • 返品の送料、返金の振込手数料は自己負担

全額返金といってもいくらか自己負担分があるので、完璧に全額というわけではないけれど、商品代金分まるごと損をするといいうこともないので安心して試せると思います。

プランテルEXが効果を発揮する正しい使い方

プランテルEXに限らず、育毛剤は正しい使い方、正しい使用目安を守ってこそ、その効果を実感できるようになります。

プランテルEXは以下の手順で使います。
  1. シャンプーで頭皮を清潔にする
  2. 頭皮から水気をしっかりとる
  3. プランテルEXを5から10回分プッシュ
  4. ドライヤーで軽く乾かす

プランテルEXは、朝と夜の2回使うようにします。そうすることで、成分が頭皮に働きかける時間を長く出来ます。

3番目のプランテルEXのプッシュは一気に行わず、1回か2回プッシュしてから指の腹で広げつつ、揉み込んでいきます。

プランテルEXを髪の毛にかけてもなんの意味もありません。プッシュするときは、髪をしっかりかきわけ、分け目をつくって地肌に直接プランテルEXがかかるようにするのがコツです。

リデンシルが配合されている育毛剤の価格比較

プランテルEXと、同じくリデンシルを配合しているリデン、Deeper3Dと価格を比較します。

プランテルEX リデン Deeper3D
単品 13,800円 13,824円 14,100円
定期コース 9,700円 10,584円 初回13,360円
9本目以降10,390円
容量 50ml 90ml 60ml
リデンシル配合割合 5% 3% 5%
リデンシル配合量 2.5ml 2.7ml 3.0ml
配合成分数 63種類 51種類 63種類

Deeper3Dの定期コースは、回数を重ねるごとに安くなっていくという方式で、9本目以降は10,390円で固定になります。

リデンシルの含有量ではプランテルEXが一番少ないです。しかし、成分は濃度が大切。

リデンの3%より、プランテルEXの5%のほうがより確かな効果を期待できるのではないかと思います。

単品価格だとあまり差はなくても、定期コースだとプランテルEXが一番安くなります。

リデンシル配合育毛剤では、プランテルEXが最もコスパが高いのではないでしょうか?

公式サイト以外でも購入できる?

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングを調べたところ、プランテルEXの公式ショップはありませんでした。

Amazonには1本13,680円という公式の単品価格より若干安いものもありましたが、定期コースなら1本9,700円になるのにわざわざ転売品を買う価値はありません。

調べた時点では楽天市場とYahoo!ショッピングには転売品もありませんでした。

定期コースでも初回分だけで解約できますし、希望すれば全額返金保証を受けることもできます。

単品 定期コース
公式サイト 13,800円 9,700円
Amazon 13,680円(転売品) 取扱なし
楽天市場 取扱なし 取扱なし
Yahoo!ショッピング 取扱なし 取扱なし

私がプランテルEXを買う気にならなかった理由


先進育毛成分リデンシルが配合されているプランテルEXは、育毛剤としての機能はなかなかいいのではないかと思います。

ただ、私は選びませんでした。

その理由は、抜け毛予防効果が弱そうだからです。

抜け毛予防ならイクオスを推奨

私は現在イクオスを使っています。

リデンシルは毛母細胞と毛包幹細胞の両方を活性化すると言われていますから、育毛効果への期待値は高いです。

その反面、プランテルEXは抜け毛予防効果は弱いように見えます。

プランテルEXのもう一つの新成分・ペブプロミンαの原料であるヒオウギエキス、ボタンエキス、ビワ葉エキスは確かに5αリダクターゼをブロックし、抜け毛を予防する機能が期待できます。

でも、実はイクオスにもヒオウギ、ボタン、ビワ葉それぞれのエキスが配合されています。

そして、有効成分センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩も共通しています。

しかし、イクオスには独自成分としてアルガス-2が配合されています。

アルガス-2は、もともと抜け毛予防成分として定評があるM-034に、細胞の回復力を高めると考えられているペルベチアカナリクラタエキスを加えて強化した成分で、抜け毛を防ぐとともに劣化した毛包細胞の回復も期待できます。

イクオスなら育毛サプリとのセットでも安い

イクオスには、育毛サプリとして非常に評価が高いイクオスサプリEXとのセット定期コースがあります。

イクオスサプリEXは、抜け毛を内側から予防する成分と言われて人気が高いノコギリヤシエキスを中心に、亜鉛、ビタミン、アミノ酸などが46種類も配合されています。

そのイクオスサプリEXと育毛剤イクオスのセット定期コース価格は、6,980円(税抜き価格)です。

プランテルEXには育毛サプリとの定期コースはなく、育毛剤単体だけでもイクオスより高いです。

抜け毛をどうにかして食い止めたかった私にとって、抜け毛予防、コスパ、いずれにしてもプランテルEXを選ぶ理由はありませんでした。

育毛はフィンジアが期待できる

プランテルEXはリデンシルが配合されており、育毛効果は期待できます。

ただ、育毛目的で選ぶなら、プランテルEXよりも同じユーピーエスが販売しているフィンジアをおすすめします。

なぜならば、フィンジアにはキャピキシル、ピディオキシジルという強力な育毛成分が使われているからです。

リデンシルは比較実験でミノキシジルのおよそ2倍の育毛促進効果が出ました。

ところが、キャピキシルはミノキシジルと比較して、育毛促進の効果が3倍と言われているんです。


出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

毛包細胞にミノキシジルとキャピキシルを与える比較実験を行ったところ、その活性化率はミノキシジルが+52%だったのに対し、キャピキシルは+156%でした。

キャピキシルには明確な臨床試験データあり

ミノキシジルとキャピキシルの比較実験は、培養細胞に対して行われたものだから、人体にそのまま適用されるかわからない、という批判があります。

しかし、キャピキシルはちゃんと人間に対する臨床試験も行われています。


出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

プラセボ群とキャピキシルを塗布したグループそれぞれ4ヶ月後の結果、Anagen=成長期の髪がプラセボ群では減少していたのに対し、キャピキシル使用グループでは13%増。

逆にTelogen=休止期の髪はプラセボ群では23%増なのに対し、キャピキシル使用グループでは29%減と、誤差の範囲を逸脱した有意な結果が出ています。

これは、キャピキシルにより抜ける髪より育つ髪のほうが増えたということを意味します。

濃度が薄くても効果が出るピディオキシジル

ピディオキシジルは、ミノキシジルを母体に、効果はそのまま副作用はなくすという改変をされた成分です。育毛効果についてはミノキシジルを上回るとすら言われています。

ピディオキシジル(海外ではトリアミノジルという名称)も臨床試験が行われています。

例えばイタリアのジェノバにある研究所では、薄毛男性30人に0.8%のピディオキシジルを半年間使用したところ、21人は変化なし、9人に改善が見られたといいます。

ローマの研究所で行われた1.5%のピディオキシジルを半年間使った臨床試験では、被験者40人中17人に改善が見られました。
参照元:https://calvizie.net/triaminodil/

効いてない人数のほうが多いと思われるかもしれません。

しかし、2つの試験では、ピディオキシジルの濃度が0.8%と1.5%です。1/100前後まで薄めてすら、4割程度の人に効果が出ていると考えるとむしろ効果は高いと言えます。

そして、フィンジアに配合されているピディオキシジルは2%です。

それに、ピディオキシジルはあくまでキャピキシルの補助的な役割です。

プランテルEXは、あまり薄毛は進行していない状態で、弱った髪を元気に育てたいという目的ならいいでしょう。

でも、もっと強力な育毛効果を望むなら、フィンジアのほうが高機能だと言えます。

プランテルEXの2ch(新5ch)での口コミ評価は?

プランテルEXはあまりメジャーな育毛剤ではないので口コミも少ないです。

でも、さすがというか2ch(新5ch)にはいくつかの口コミがありました。

プランテルEXって須藤元気が広告塔のやつだろ?あの公式サイトあやしくねえ?

確かにプランテルEXの公式サイトに行くと「あなたの世界が変わる」とか、「育毛剤の新境地」とか、けっこう大げさなコピーが書いてあります。

ただそれは、成分を見てもなんだかわからないという人の目をひくためではないかと思います。

リデンシルってどうなん?ミノキシジルの2倍の効果とか効くけど医薬品より効果があるとか信じられないんだけど

リデンシルがミノキシジルの2倍、キャピキシルがミノキシジルの3倍というのは、毛母細胞を活性化して髪が育つのを促進させる力ということです。よりわかりやすくいうなら、増えるのは「髪の育ちやすさ」ですね。

ミノキシジルより何倍も「生やす」ということではないです。

育毛剤は何ヶ月も使うべきものだとは言うが、1ヶ月使って抜け毛の状態がなんも変わらないから乗り換えたほうがいいだろうか?

プランテルEXは確かに抜け毛予防の成分が少ないので、抜け毛をどうにかしたいなら、イクオスをおすすめします。

とはいえ、抜け毛予防成分がしっかりしているイクオスでも1ヶ月で結果を出すというのは無理な話。

育毛剤は、自分の頭の状態、どうしたいかを見極め、合っているものを選んで長く使うのがいいでしょう。

プランテルEXは「元気な髪」を育てるためのものだからな、AGAで抜けまくってるのには効かないからな。

これまで何度か述べたように、プランテルEXの主成分リデンシルは、髪を育てる機能を元気にしたいという人のためのものです。

髪を育てる機能が弱ってはいても正常な人には効果は出ると思われます。

しかし、機能が正常でなくなっているAGAのような脱毛症には、プランテルEXはあまり期待できないです。

プランテルEXにリニューアルされてから、まだそれほど経っていないため、育毛効果を実感したという口コミはまだないようですね。

今後に期待したいと思います。

こんな人にならプランテルEXはおすすめできる

プランテルEXは、抜け毛予防成分はあまりないので、私のように抜け毛のほうが気になるという人にはおすすめできません。

プランテルEXがおすすめなのはこんな人です。
  • 最近髪にコシ・ハリ・ボリュームがなくなってきた
  • 髪の量自体はあかり変わらなくけれど、前より髪が細くなっている
  • イクオスやチャップアップが効かなかった

抜け毛はあまりないけれど、元気な髪が育たないという人は、DHTが原因のAGAではなく、毛母細胞の元気がなくなっているのが原因かもしれません。

プランテルEXの主成分リデンシルは、毛母細胞と、毛母細胞を作っている毛包幹細胞両方を活性化してくれるといいますから、AGAではない人が髪を元気に育てるのにはいいでしょう。

抜け毛をおさえる成分が比較的豊富に配合されているイクオス、チャップアップでは効果が出なかった人は、プランテルEXに換えれば効果が出るかもしれません。

プランテルEXも、他の育毛剤同様全額返金保証がついていますので、まずはお試しで使ってみてもいいのではないでしょうか?